千葉 裕樹

Dr. CHIBA Hiroki

院長

資格
日本内科学会認定医
日本消化器内視鏡学会 消化器内視鏡専門医
日本消化器病学会 消化器病専門医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
緩和ケアの基本教育に関する指導者研修会修了
略歴
2000年 金沢医科大学医学部医学科卒業
2000年 弘前大学医学部 消化器血液膠原病内科入局
2007年 弘前大学大学院医学研究科 病理生命科学講座卒業
2007年 むつ総合病院 消化器内科勤務
2010年 青森市民病院 消化器内科勤務
2013年  西北中央病院(つがる総合病院) 消化器血液膠原病内科勤務
2018年 国立病院機構弘前病院 消化器血液内科勤務
2020年 千葉胃腸科内科医院院長に就任

院長 千葉裕樹

ごあいさつ

千葉胃腸科内科医院 院長の千葉裕樹です。

勤務医時代は内視鏡治療を中心とした診療の他、切除不能消化器がんに対する抗がん剤治療、緩和ケア医療、B型肝炎、C 型肝炎に対する抗ウイルス療法といった消化器医療の他、高血圧、脂質異常症、糖尿病といった生活習慣病に関わる治療も行って参りました。

下北地区から津軽地方まで約20年間にわたり県内の様々な地域で診療してきましたが、私の医療の基本根底にあるのはブレる事なく「患者第一」の精神です。

これからもこの基本精神は変わる事なく診療を続けて行きたいと思っています。

なお、私のライフワークである「青森県胃がん大腸がん死亡率ワーストワン汚名返上プロジェクト」は以下の通りです。

  1. 鎮静下内視鏡:苦痛なく検査を受けられる事で検査受診率を上げる
  2. 大腸ポリープ切除:全ポリープ切除による大腸がん予防、大腸検査までの待ち時間を短くし、大腸がん発見時期を遅らせない事で大腸がん死亡を減らす
  3. ヘリコバクター・ピロリ除菌:除菌療法での胃がん予防の他、定期的な胃内視鏡検査による胃がん早期発見

これらを三本柱とし、診療を行っていく所存です。

ちなみに趣味は音楽演奏、ラーメン作りです。

新型コロナ以前はバンド活動も積極的に行っておりましたが、現在は活動自粛中です(自宅にてひとり爪を研いでおります)。コロナ収束後、再びステージに立てる日が来るのを楽しみにしております。

ラーメン作りはStay home 期間に今までの自己研鑽が役立ちました。我が家の一番人気メニューは二郎インスパイア(ニンニクヤサイカラメアブラマシ)です。基本無化調ではありますが、生活習慣病指導の観点から患者さんには一番オススメしにくいレシピでもあります。

これからも青森県の皆様の健康増進に少しでもお役立てできればと思っております。

よろしくお願いします。